*無料アクセス解析
*ラティース
企業は小さな芽から出発します。
しかし その後の時間の経過の中で、消滅する企業と存続する企業に分かれていきます。
そして 存続する企業も そこにとどまる企業、徐々に衰退する企業、あるいは成長する企業とに
分かれていきます。
その行き先は、経営者、従業員の生活や人生、取引先の業績などに大きな影響を及ぼします。
私達は、中小企業の成長を阻む幾つもの障害を克服するお手伝いをすることで、
中小企業の「強くて大きな根っこ創り」「樹の年輪のような成長」つまり、「卓越した『よい会社』づくり」に
に関わらせていただきたいと思っています。
企業を構成する経営資源は、人、物、金、情報だと言われますが、その中で最も重要なのは
言うまでもなく「人」だと思います。
しかしもう一歩踏み込んでみると、「人」というよりも、その人に内在する「意識」では
ないかと考えます。
ここで言う「意識」とは、高い志や深い思いに裏打ちされた「本質的な正しい物の見方・
考え方」であって、社員や組織全体の自覚や自律を促し、望ましい習慣の暗黙知となる
ものです。
私達は、経営の仕組みの構築とその徹底と継続によって可能となる人育て、意識変革を
コンサルティングの中心に置いています。
それが、中小企業の「強くて大きな根っこ」「太い幹の年輪づくり」につながるもので、
単に成長するのではなく、継続成長を可能にする「進化」だと考えています。
中小企業は、「大企業とは異なる特性を持つ異種多様群」だと言えます。
大企業で成功した理論や手法、システムをそのまま持って来ても動きません。
私達は、支援の内容も進め方も、訪問時間帯も支援先企業の特性や経営者の要望に合った
手作りのオーダーメイドにこだわっています。
角丸四角形: 目的
角丸四角形: お手伝いしたい経営者像
テキスト ボックス: ■自社の強みを深耕し、顧客にとって意味のある他社との
  違い、自社の事業の適所を見出す。
■見出した適所に到達するための具体的な手立てを
  明らかにする。
■明らかにした具体的な手立てを徹底し、継続する仕組み
  を構築する。
■以って、現状の収益力の強化と未来の課題解決を両立
  させる。
■これらを周知し、共有の目標とし、全社員に参画と成長を
  促す。 
テキスト ボックス: ■先代の経営スタイルを刷新したい後継経営者
■構想はあるがそれを整理し、形にできる人材がいない
  経営者
■個に依存する経営から、組織で動く経営にしたい経営者
■管理職に本来の役割を自覚させたい経営者
■若手の中から将来の管理職を早期発掘したい経営者
■事業構造を抜本的に見直したい経営者
角丸四角形: プロセス 角丸四角形: 期間・費用
テキスト ボックス: ■原則6ヶ月間(但し完成まで)
■120万円
テキスト ボックス: ■経営者との話しこみ・ディスカッション
■経営者との協同作業による、業務設計と策定メンバーの
  選定
■事前研修と参加者全員の目的意識の落とし込み
■役割分担と策定作業、徹底した数値化・指標化
■全社への周知・巻き込み