*無料アクセス解析
*ラティース
テキスト ボックス: ■社内のみによる推進会議の、目先の業務優先、社内の
  相互の甘えによる不実行、不徹底や会議流れ、緊張感の
  欠如等を回避・防止する。
■以って、計画と実行のギャップを回避し、徹底と継続の
  習慣化を促進する。テキスト ボックス: ■会議の場面で、経営者のみが話しをして、社員が皆受身
  になってしまう傾向が強いことに危機感を持つ経営者。
■会議で議論する、互いに指摘し合い、助言し合うことに
  慣れていないことが問題だと感じている経営者。
■経営計画を絵に描いた餅にしたくない経営者。テキスト ボックス: ■会議の詳細な議事録作成。決定事項や約束事項の確認
■会議での進行役のフォローと他社事例の紹介等による刺激
■会議と会議の間での決定事項・約束事項の追跡確認
■期末評価・考察及び次年度計画策定支援テキスト ボックス: ■原則1年契約      
■月額15万円
■期末評価・考察及び次年度計画支援は別途30万円テキスト ボックス: ■経営戦略と人事制度をリンクさせる。
■会社が望む「頑張り」と社員の「頑張り」の一致を図る。
■社員に金銭的報酬では満たし得ない報酬を提供する。
■良い意味での評価の「差」を付け、社員の向上心を刺激し
  成長を促す。
■以って経営戦略を達成できる「人育て」及び、社内を変える
  仕組みとして機能させ、経営戦略達成と社員の待遇向上の
  原資を作る。テキスト ボックス: ■経営者の考え方を社員に深く浸透させたいと考える経営者。
■顧客に価値を認められる行動を習慣化させたいと考える
  経営者。
■給与・待遇に納得性を高め、給与は会社が決めるものでは
  なく、結局は自分で決めるものだという自律心を持たせたい
  と考える経営者。
■次期リーダーにふさわしい若手を定着・発掘・育成させたいと
  考える経営者。
■意味のない人件費負担の増加を回避したいと考える経営者。テキスト ボックス: ■経営者との給与に関する話しこみ・ディスカッション。
■経営者との経営戦略、顧客満足行動に関する話しこみ・
  ディスカッション。
■現状の給与の分析と労働基準法との整合性の確認。
■給与構造、評価・処遇のシステム、人材育成の仕掛けの
  設計と構築。
■シミュレーションと移行処置の決定、社内説明会。
■テスト導入と修正。テキスト ボックス: ■原則1年6ヶ月   ■240万円より
■期間・費用は職種の多さや人事制度への仕組みに
  何を組み込むか、また、社内プロジェクト・委員会による策定
  方法をとるのか、さらに社内に役割分担ができる人材が
  いるかどうかなどで費用は変動します。
  事前に見積もりは提示させていただきます。
  企画段階での費用は不要です。テキスト ボックス: ■社員一人一人に自分の仕事の成果が直ちに分かるような
  組織を設計し、仕事の成果の「ものさし」とその測定の仕組み
  を構築する。
■その仕組みにより、(自分たちの努力、改善・工夫の成果は
  あったのか、まだまだ足りないのか、次にどんな手を打てば
  いいのかなど)社員に自発的な考察、自主的な実行を促す。
■以って社員に小さな単位組織の擬似的な経営を学ばせ、
  日常業務を通じて経営者意識を醸成させる。テキスト ボックス: ■社員に経営者意識を持たせたいと考える経営者。
■企業家的なリーダーを発掘・育成したいと考える経営者。
■経営者意識の前段階として、社員に仕事に対する
  当事者意識・主体者意識を持たせたいと考える経営者。
■社員の育成・能力開発の場を、日常の仕事の中に組み
  込みたいと考える経営者。テキスト ボックス: ■単位組織の設計と、その組織ごとの成果のものさしに
  関する経営者との話しこみとディスカッション。
■成果のものさしの因果関係の体系図の策定。
  結果成果としての売上・利益、人時生産性(時間当たり
  付加価値)にリンクするプロセス成果の検討・設定。
■成果のものさしの測定システム構築と財務会計
  システムとの連動の調整。
■結果の評価・考察・発表の場の設定。テスト導入。
■人材育成、場の活性化の仕掛けと継続の仕組みの
  組み込み。テキスト ボックス: ■原則として構築に半年間 フォローに半年間
■240万円より
■但し組織の規模、単位組織の設計の難易度、
  既存のシステム利用可能度により費用は変動します。
  また、会計システムの費用は含まれていません。
  事前に見積りを提示いたします。
  企画段階の費用は不要です。